ニュース一覧

ANA、ノジマや成城石井に400人出向 4000億円調達など発表

新型コロナウイルスの感染拡大で国際線を中心に航空需要が低迷する全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)は27日、業績を立て直すための事業構造改革を発表した。来春に400人以上の社員をグループ外の企業に出向させることや、新ブランドとなる中距離国際線の格安航空会社(LCC)を立ち上げることなどが柱。出向先として家電量販大手のノジマやスーパーマーケットの成城石井などを挙げた。コールセンターやホテルでの受付や企画業務などを想定している。

 ANAHDは、令和3年3月期の連結最終損益が過去最悪の5100億円の赤字(前期は276億円の黒字)になるとの見通しを発表。財務基盤を強化するため、銀行から一部が資本とみなされる劣後ローン計4千億円を調達する契約を同日結んだことも公表した。

 赤字額はリーマン・ショック後の平成22年3月期に計上した573億円をはるかに上回る規模となる。連結売上高は前期比63%減の7400億円を見込む。片野坂真哉社長は東京都内で記者会見し「大変厳しい結果となった」と述べた。

 事業構造改革では、固定費を抑えるため、主に長距離国際線で使う大型機を中心にグループで当初計画から計33機を削減。マイレージ会員情報を活用した新会社設立など非航空事業の収益化も図る。

 新ブランドのLCCは令和4年度に東南アジアやオーストラリアを中心とした路線を開設。全日空の国際線は需要回復時に、効率が良い羽田の発着便から優先的に再開する方針だ。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年10月27日

韓国でインフル予防接種後に48人死亡 当局は因果関係否定

【ソウル=桜井紀雄】韓国でインフルエンザ予防のワクチン接種を受けた後に死亡する事例が相次ぎ報告されている。保健当局は、予防接種と死亡の直接的な因果関係は認められないと説明し、接種を続ける方針を示している。だが、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行への懸念から予防接種への関心は例年より高く、国民の間に不安が広がっている。

 保健当局は24日、予防接種後に死亡した人が16日以降、48人に上ると発表した。2009年から昨年までの死者計25人に比べると、多さが際立っている。

 特に10代の高校生が16日に死亡したことで注目が集まり、韓国メディアは死者の増加を連日大きく報道。政府の方針と異なり、大韓医師協会や一部の自治体が独自に病院側に接種の一時見合わせを要請するなど、混乱も広がっている。

 先月には、冷蔵保存が常識のワクチンの一部が常温にさらされていたことが発覚して大量回収される事態もあり、ワクチン接種に対し、不安感を呼びやすい素地があった。

 死者の大半は70代以上で、基礎疾患があり、当局は、死因を分析した26人について「接種と直接的な関連性が確認された事例はなかった」と明らかにした。高校生の死因との関わりも確かめられなかったという。

 政府は今年、新型コロナとの同時流行で医療施設が逼迫(ひっぱく)する事態を避けるため、予防接種を奨励。高齢者や子供は無料なこともあり、23日までに国民の約3割に当たる1420万人以上が接種を終えた。

 韓国紙のハンギョレは、短期間に接種希望者が殺到し、待機時間が長くなったことが高齢者の健康状態に悪影響を与えた可能性があるとの見方を伝えた。実際に死因が判明したケースでは、心血管や脳血管の疾患が多かった。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年10月24日

女性誌「JJ」が不定期刊行に 部数低迷で

光文社(東京都文京区)は23日、若い女性向けのファッション誌として長年人気を集めてきた「JJ」を、12月発売の来年2月号を最後に不定期刊行にすると発表した。今後は公式サイトや会員制交流サイト(SNS)を中心に展開するという。同社は理由を「(読者層の女性の)ライフスタイルが大きく様変わりした」ためとしている。

 同誌は近年、部数が低迷。日本雑誌協会の公表データでは、今年4~6月の平均発行部数は4万5200部で、昨年同期比の半分以下だった。

 「JJ」は昭和50年創刊。20代の女性を中心に読まれ、モデルを務めた梅宮アンナさんや賀来千香子さん、黒木メイサさんらを、タレントや女優として輩出してきた。

 同社によると、紙の雑誌は今後「企画内容」によって随時刊行する。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年10月23日

日本テレビ系、「同時配信」のテスト開始 プライム帯を中心に

日本テレビは3日夜、テレビ番組を放送と同じ時間にインターネットにも流す「同時配信」の試行を始めた。12月まで行われ、さまざまなデータを取得して今後の参考とする。民放キー局などの無料見逃し番組配信サービス「TVer(ティーバー)」を通じて番組を提供し、パソコンやスマートフォン、タブレットで無料視聴できる。

 「日テレ系ライブ配信」と題し、系列の読売テレビ(大阪市)、中京テレビ(名古屋市)との共同の取り組み。人気番組が並ぶプライム帯(午後7~11時)を中心にした番組が対象で、初日の3日には、動物バラエティー「I LOVE みんなのどうぶつ園」やトークバラエティー「有吉大反省会」などがテレビ放送と同時にリアルタイムでネットに流された。平日には午後11時からのニュース番組「news zero」も提供される。

 テレビ放送と異なっていたのは、番組中のCMの扱い。テレビではスポンサー企業のCMが放映されたが、配信では日本テレビ系の番組を宣伝する内容となっていた。また、テレビ放送は可能だがネットで流す権利を得られていない映像の場面では、放送でどんなシーンが流れているかを示したうえで、「権利の関係でお見せできません」とのメッセージが表示された。

 日本テレビの小杉善信社長は9月28日の定例会見で、「同時配信によって、その先に何が広がっているか、そのことをしっかりと権利者のみなさん、そしてクライアントのみなさん、そしてネット局のみなさんに示す必要がある」と試行の目的を話していた。

 NHKは3月から、同時配信と見逃し番組配信を柱にしたサービス「NHKプラス」を試験的に実施。同時配信は現在、1日18時間程度行われている。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年10月03日

【竹内結子さん死去】「突然のできごとで呆然」所属事務所がコメント

女優の竹内結子さん(40)が27日に死亡したことを受け、竹内さんの所属事務所は「あまりに突然の出来事(できごと)で、驚きと悲しみで呆然(ぼうぜん)としている」などとするコメントを出した。

 コメントは以下の通り。

 弊社所属の竹内結子(享年40歳)が、自宅で亡くなりました。

 日頃よりお世話になっている関係者の皆さま、応援してくださっているファンの皆さまに、このような辛いお知らせを申し上げることになり、あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております。

 詳しい状況は現在確認中です。

 マスコミの皆さまにおかれましては、ご家族、ご親族の深い悲しみにご配慮いただきますよう、切にお願い申し上げます。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年09月27日

関ジャニ大倉さんが新型コロナ感染

義さん(35)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同社の公式サイトで「9月21日朝には37.5度の発熱がありましたためPCR検査を実施した結果、23日に陽性であることが確認されました」と報告。保健所の指導により、発症日である20日から10日間を目安に経過観察するという。

 メンバーの丸山隆平さん(36)とマネジャー1人が濃厚接触者に特定されたが、23日のPCR検査では陰性だったため、2週間の隔離生活で様子をみる。メンバーの横山裕さん(39)と村上信五さん(38)、安田章大さん(36)は濃厚接触者でないため、通常通りの活動を続けるという。

 関ジャニ∞は30日にテレビ東京系「テレ東音楽祭2020秋」に生出演する予定。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年09月24日

ジブリが作品写真を提供「常識の範囲でご自由にお使いください」

スタジオジブリ(東京)は、ジブリ全作品の場面写真を順次提供すると公式サイトで発表した。既に開始している。プロデューサーの鈴木敏夫さんの「常識の範囲でご自由にお使い下さい」という直筆メッセージも掲載された。

 公式サイトによると、9月は「新しい作品を中心に8作品、合計400枚を提供します」として場面写真を1作品につき50枚ずつ公開している。8作品は「思い出のマーニー」「かぐや姫の物語」「風立ちぬ」「コクリコ坂から」「借りぐらしのアリエッティ」「崖の上のポニョ」「ゲド戦記」「千と千尋の神隠し」。

 鈴木さんは8月に発行されたジブリの月刊誌「熱風」第8号に掲載された「ジブリと著作権」と題する座談会で、「作品を見てくれた人に恩返しがしたい」「作品のためにも、(場面写真が)みんなに広く活用されたらいい」という趣旨の発言をしてい

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年09月19日

安倍前首相靖国参拝を速報 中国共産党系紙

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は19日、安倍晋三前首相の靖国神社参拝を速報した。中国外務省が昨年、日本の閣僚の参拝について「侵略の歴史に対する誤った態度だ」と非難したことにも言及した。

 環球時報は、安倍氏がツイッターに投稿した参拝時の写真を掲載。中国が「侵略の歴史を反省」するよう日本側に促してきた経緯と併せて伝えた。(共同)

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年09月19日

東京都で新たに226人感染 新型コロナ

東京都は12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに226人報告されたことを明らかにした。都内の感染者数は累計で2万2857人となった。

 都は10日、感染状況に関する警戒度を約2カ月間維持してきた最高レベルの「感染が拡大していると思われる」から1段階下の「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」に引き下げている。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年09月12日

首都圏で終電繰り上げへ JR東日本、来春から

JR東日本が来春のダイヤ改正で、山手線を含む首都圏の複数の路線で終電を繰り上げる方針を固めたことが3日、同社関係者への取材で分かった。終着駅への到着時刻が遅くとも午前1時ごろになるよう調整する。山手線は1周に約1時間かかるため、午前0時ごろが終電の発車時間になるとみられる。

 始発時間を遅くすることも検討。終電から始発までの間に実施する線路のメンテナンス作業の時間を確保し、保守作業員の労働環境の改善を図る。

 同社関係者によると、これまで終電から始発までの時間が短いとの理由で機械を使えず、人力でメンテナンスをしていた路線で、作業の効率を上げ、作業員が休みを取りやすくなることや、人手を確保しやすくなることが期待されている。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年09月05日

乃木坂46の与田祐希さん、佐藤楓さんがコロナ感染

アイドルグループ「乃木坂46」の佐藤楓さん(22)と与田祐希さん(20)が、新型コロナウイルスに感染していることが1日、分かった。グループの公式サイトで発表された。2人とも症状はないが、自宅療養をしているという。

 サイトによると、8月27日に全メンバーとマネジメントスタッフがPCR検査を受け、31日に2人の陽性が確認された。他のメンバーに濃厚接触者と認定された人はいなかったが、「直近で接触があったメンバーは、念のため、保健所が実施するPCR検査を再度行います」という。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年09月01日

コロナ対策徹底し鳥取砂丘と大山寺を「安心観光エリア」に

新型コロナウイルスの感染拡大が観光地に大きな影響を及ぼしていることを受けて、鳥取県は31日、鳥取砂丘と大山の県内2大観光地の関係団体や市町とともに「安心観光・飲食エリア」協定を締結する。感染予防対策を徹底・整備した後に「宣言」を出し、観光誘客に役立てる方針。

 協定を締結するエリアは、土産物店など約20店舗がかかわる「鳥取砂丘」と、旅館・ホテルなど約30店舗が関係する「大山寺」の2地域。エリア内の観光・飲食などの店舗で構成する団体が、感染予防対策徹底の意向を示している。

 31日の協定締結後は、エリア内の店舗が県の示す事業継続のためのガイドラインなどに沿って、実効性のある感染予防対策を実施。対策ができていると団体が判断した場合、「安心観光・飲食エリア」を宣言する。さらに店舗は県の「新型コロナ対策認証事業所」の認証取得に努めるとともに、感染予防対策が実施できているか2週間1回のペースでセルフチェックし、県も月に1回、実施状況を点検するという。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年08月22日

GLAY動画で行政指導へ 北海道「無許可で撮影」

北海道函館市出身の人気ロックバンド「GLAY」が今月、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した無観客ライブの映像を撮影する際、道立の自然公園内に無許可でステージなどを設置したとして、道が動画の制作会社に行政指導をすることが18日、分かった。道関係者が明らかにした。

 動画は7月下旬に函館市の恵山道立自然公園の山肌にステージやポールを設置して撮影。道によると、渡島総合振興局の職員が動画が公開されているのに気付いた。条例で自然公園の特別地域に工作物を設置する際には許可が必要と定められているが、制作会社から申請はなかったという。

 GLAY側の関係者は「事前に道担当者に撮影の相談をした際、ステージを設置することも伝えたが、道から申請が必要との説明はなかった。撮影の規模について認識の差があったと考えている」としている。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年08月18日

俳優の渡哲也さん死去 「西部警察」「くちなしの花」 石原軍団

刑事、やくざ役などをこなすアクションスターとして知られ、石原裕次郎さん亡き後の「石原軍団」を率いていた俳優で石原プロモーション元社長の渡哲也(わたり・てつや、本名・渡瀬道彦=わたせ・みちひこ)さんが10日、肺炎のため死去した。78歳。14日に家族葬を行った。お別れの会などの予定はない。

 兵庫県淡路町(現淡路市)出身。青山学院大4年のとき日活にスカウトされ、昭和40年、映画「あばれ騎士道」でデビュー。鈴木清順監督の「東京流れ者」、石原裕次郎さんの作品のリメーク作「嵐を呼ぶ男」や「陽のあたる坂道」などでアクションスターとして人気を集めた。

 日活を退社後、46年、石原さんの「石原プロモーション」に入社。48年には歌手として「くちなしの花」を発表し、大ヒットした。

 50年に「仁義の墓場」で仁義も掟(おきて)も踏みにじるやくざを熱演し、大好評を得る。51年の「やくざの墓場・くちなしの花」で、毎日映画コンクール男優演技賞、ブルーリボン賞主演男優賞を受賞した。

 また、テレビでは49年にNHK大河ドラマ「勝海舟」の主役に抜擢(ばってき)されたが、病気で途中降板。石原さんとともにテレビの「大都会」シリーズ(日本テレビ)や、「西部警察」シリーズ(テレビ朝日)などのアクション刑事ドラマで、石原軍団を率いて活躍。

 ボランティア活動にも積極的に取り組み、石原軍団メンバーとともに阪神大震災など災害の被災地を訪れ、炊き出しを行っていた。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年08月16日

うがい薬、コロナ重症化や感染拡大防ぐかは「不明」

大阪府の吉村洋文知事は4日、記者会見で、府内の宿泊施設で療養中の新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを配合したうがい薬を使ったところ、使用しなかった場合と比べて唾液内のウイルスが減少したとの研究結果を発表。「研究段階で効果は確定的ではないが、ポビドンヨードを使ってのうがいの励行を呼びかけたい」としつつ、「買い占めはやめてほしい」と述べた。

 研究では軽症患者41人に1日4回、ポビドンヨードを配合したうがい薬でうがいをしてもらい、しなかった患者の唾液と、PCR検査を実施して比較。しなかった患者は4日目で約40%が陽性だったのに対し、うがいをした患者は約9%と低かった。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年08月04日

「お盆」の移動制限 新型コロナ分科会で検討へ

西村康稔経済再生担当相は1日の記者会見で、東京都内の新型コロナウイルスの新規感染者数について「高い水準で推移している」と警戒感を示した。また、お盆の帰省ラッシュなど8月は多くの人の移動が想定されることを踏まえ、次回の新型コロナ対策分科会で専門家の意見を聴取する考えを示した。

 西村氏は「8月に入って帰省される方もいるし、お盆の休みも控えている」と指摘。そのうえで、人の移動制限の必要性に関して「次回の分科会では足元の感染状況を見ながら、そうしたご意見をいただくことになる」と語った。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年08月02日

国内感染新たに1305人 最多を更新

国内で30日、新たに1305人の新型コロナウイルス感染者が確認され、連日千人を超えるとともに、過去最多を更新した。東京、神奈川、兵庫、徳島、福岡、沖縄の6都県で過去最多。埼玉、大阪、愛知でも最多に迫る規模となった。都市部で衰えを見せず、全国的な拡大に歯止めがかからない状況だ。

 東京は22日連続で100人を超え、過去最多だった23日の366人を上回り、367人となった。会食の場で感染が広がっているとして、小池百合子都知事は酒類を提供する都内の飲食店やカラオケ店に営業時間を午前5時から午後10時に短縮するよう要請した。応じた店舗には協力金20万円を支払う。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年07月30日

五輪延期で追加費用は数千億円規模 コロナ対策でさらなる増額に駆け引き

来夏の東京五輪・パラリンピックの焦点の一つは、延期に伴う追加負担を東京都や国、国際オリンピック委員会(IOC)などの関係機関がどのように分け合うかだ。追加経費は施設利用料延長や人件費の確保などで数千億円規模が想定されている。IOCや組織委はコスト削減を目指しているが、新型コロナウイルス対策費でさらなる上積みも予想される。概算は今年秋以降に示される予定で、負担割合をめぐるシビアな駆け引きが展開されそうだ。
 IOCなどは延期された大会について簡素化を目指している。一方で追加経費も試算。17日のIOC総会で大会組織委側から「秋以降に追加コストの全体像を示したい」と報告された。武藤敏郎事務総長はその後、「誰がどのような形で負担するかの議論が行われる」との見通しを示した。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年07月23日

飛沫防止カーテンに消毒液…コロナ対策からの火災に注意

飛沫(ひまつ)防止用のビニールシート、店内などでのアルコール消毒…。新型コロナウイルスの感染予防対策として急速に需要が高まったグッズが持つ火災リスクについて、消防機関が警鐘を鳴らしている。大阪市消防局は火災が想定される状況の再現動画をインターネット上に掲載。緊急事態宣言発令中(4月7日~5月21日)の大阪では、外出自粛による「巣ごもり生活」に関連した火災も起こっており、注意を呼び掛けている。

。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年06月13日

プロ野球開幕へ

待ち望んだ球音の到来だ。新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていたプロ野球の開幕が、6月19日に決まった。
 予定より3カ月遅れとなり、リーグ戦は1チーム143試合から120試合に削減される。セ、パ両リーグの交流戦やオールスター戦の中止は残念だが、まずは開幕日の設定を歓迎したい。。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年05月27日

ドラマの休止 テレビ文化の転換促そう

発表によると「麒麟がくる」は6月7日、「エール」は同27日の放送で休止する。いずれも視聴率は好調だが性格は違う。大河は日曜夜のエンタメ、朝ドラは日常に組み込まれた習慣的要素が強い。代替番組は再放送や総集編、特別編などを検討中だ。視聴者を逃さない工夫が必要だろう。

 再開時期は未定だ。現状、大河は1年、朝ドラは半年間の放送だが、それはテレビ局の都合にすぎない。質を重視して多少延長するなど柔軟に対応してはどうか。

 今後、東京都の緊急事態宣言が解除されても撮影再開には厳しい対応が求められる。スタッフや出演者の「3密」を防ぎつつ消毒を徹底し、多数の出演者が必要な場面は再考が要るかもしれない。

 これはテレビに限ったことではない。人気漫画「ゴルゴ13」も連載開始から52年で初の休載を発表した。制作現場は10人以上のスタッフが集まる3密状態で、その健康を守るためにやむを得ない決断だったという。漫画やアニメなど日本が得意とする繊細な表現やアナログ的なもの作りは、その品質ゆえにクールジャパンとして評価されてきた。その制作現場がウイルスに直撃されている。産経ニュース参照 https://www.sankei.com/

2020年05月24日

10万円給付「世帯ではなく個人に」希望急増 迅速給付目的も過去にトラブル多発

新型コロナウイルスの緊急経済対策として支給される10万円の特別定額給付金。受け付けを始めた自治体も多い中、世帯主とは別に受け取りを希望する人の問い合わせが自治体のDV(家庭内暴力)相談センターで急増していることが12日、分かった。申請・受給は原則として世帯単位で、迅速な給付の実現や窓口負担軽減などが理由だが、DVや虐待に悩む人からは「給付金を奪われる」との不安が渦巻く。被害者に給付金を届ける救済策もあるが、対象は「一握り」(専門家)という。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年05月12日

PCR検査の相談目安変更へ

 新型コロナウイルスに感染したかどうかのPCR検査の必要性を判断する相談センターへの相談の目安について、政府の専門家会議は、重症化しやすい人は風邪の症状が「2日程度」続いた場合としていた日数をなくし、すぐ相談しやすくなるよう目安を変更する方針を固めた。「37・5度以上」が4日以上としていた発熱の目安も削除することを検討している。(朝日新聞デジタル参照 https://www.asahi.com/

2020年05月06日

抗ウイルス薬「レムデシビル」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として7日に承認

レムデシビルは米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発し、厚労省は4日に製造販売の承認申請を受けた。緊急時に迅速に審査する医薬品医療機器法の「特例承認」制度に基づき、速やかに特例承認する。対象は人工呼吸器の装着が必要な重症患者などに限られるとみられる。 読売新聞オンライン参照 https://www.yomiuri.co.jp/news/

2020年05月06日

口臭ケアで「コロナ特需」韓国、マスク日常化

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク着用が日常化する中、韓国でガムや口腔ケア商品の売り上げが増えている。韓国メディアは「長時間のマスクによって自分の口臭が気になる人が増えているためではないか」と分析。「コロナ特需だ」と伝えている。

 製菓大手の「ロッテ製菓」によると、口臭予防効果をうたっている「フラボノガム」の3月の売り上げが前月比で約30%増加。同社は「フラボノイド」成分が含まれた新製品の販売を4月に発表するなど攻勢を強めており、同社関係者は「今年の販売量は昨年よりも5~10%増えるだろう」と予測している。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2020年05月06日