河川氾濫、道路冠水 九州3県、広島県に大雨特別警報

停滞する前線の影響で14日は西日本から東日本の広い範囲で大雨となった。気象庁は同日未明、佐賀、長崎、福岡3県に大雨特別警報を発表。午前6時すぎには3県にまたがる線状降水帯も確認された。さらに午後、広島県に新たに大雨特別警報を出した。総務省消防庁の午前8時現在の集計で、市町村による「緊急安全確保」大雨・洪水警戒レベル(5段階)で最も高い「緊急安全確保」の発令対象は3県と広島県で約58万世帯、約128万人に達した。

佐賀県では武雄市などを流れる六角川が氾濫した。福岡県久留米市では各地で道路が冠水し、自宅から避難できなくなった人から救助要請が相次いだ。長崎県雲仙市では住宅2棟が巻き込まれた土砂崩れ現場で安否不明者2人の捜索が続いた。

気象庁によると、前線は向こう1週間は本州付近に停滞する見込みで、西日本から東北にかけての広い範囲で土砂災害や水害の危険度が高まりそうだ。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2021年08月14日