小池都知事「感染状況厳しい」 緊急事態宣言の期限控え

東京都の小池百合子知事は5日、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の期限を今月11日に控え、都内の感染状況について「なかなか厳しい状況が続いていると考えざるを得ない」と述べ、延長の必要性については6日開催のモニタリング会議で専門家の意見を聴く意向を示した。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は直近4日間ほどの発熱相談件数が2千件台で推移し、4日には2500件に上ったとして「新規感染者数との関連性が如実に表れる数字だ」と指摘。最新の調査では約6割が変異株で占められているとのデータも挙げた。

 大型連休中の都内は前週と比べて感染者が少ない日も目立ったが、医療機関の状況など「いろいろ日常と違うので、確認する時間も必要だ」と説明。6日以降もテレワークなどによる人の流れの抑制に協力を求めた。

産経ニュース https://www.sankei.com/

2021年05月05日